NEWS

お知らせ

〜就職活動コラム Vol.2〜

2021/11/25

『自己分析って、結局どうするの…?』

みなさん、こんにちは。採用担当の大迫です!
定期コラムの第2弾でございます。
本日は「自己分析」についてお届けします!

・自己分析の重要性がわからない
・どう進めたら良いかわからない

このようなお声をよくいただきます。

就活する上で自分が本当にやりたい、
得意としていることを見つけるため
自分自身の特性・強みを見つけ
言語化をする必要があります。

そうすることで面接時にも
アピールポイントを明確に伝えることで
考え方や姿勢などといった部分で
高い評価へと繋げることができます。

===============

・考え方

自己分析を行う目的は、大きく2つあります。
1.自分の仕事選びの軸を明確化する
2.自分自身を他人へわかりやすく伝える

・重要性

就活のゴールは「働きたい企業から内定をもらう」ことです。
そのためには、自分自身の強みや実現したい事などアピールし、
採用担当者や経営者へ良い印象を持ってもらうことが大事になります。

自己分析が十分にできていると
自身を客観的に捉えることができるため、
面接の中でも自分自身に向けられた質問も
スムーズに答えることができます。

・おすすめ自己分析

【STEP1】
次の「好き・嫌い」「得意・苦手」「達成・挫折」3つのテーマについて、
それぞれ1枚のレジュメに思いつくことを全て書き出す。

【STEP2】
書き出した内容に原体験やプロセス、その時の気持ちなどを付け加える。

【STEP3】
全て読み返し、共通点を見つける(共通点はマーカーをつけるとGOOD)。

こちらでまとめた内容をもとに、面接練習で深掘りを行うと
更に自己分析が磨き込まれ、受け答えでの相手への伝わりやすさも向上します。

・自己分析ツール

自己分析をする上で様々な手法があります。
インターネットでも無料で使えるものが出回っています。

あまり時間がない、客観的に自分を分析したいという方には
自己分析ツールを活用し性格・意欲などを分析してみてください。
自分では気づけない強みや価値観が出て新しい発見があると思います。

・第3者より客観的意見を貰う

客観的に考えることが自己分析では重要とされています。
そのため、友人からの意見はもちろん、
企業の人事担当者やキャリアセンターの方からのアドバイスにより、
自分だけでは気付くことができない部分の自己分析を行うこともできます。

===============

ちなみにご説明した自己分析ツールについてですが、
当社では「CIY」というツールを推奨しています。
診断も早く精度も高いので是非使ってみてはいかがでしょうか?

■URL
https://ciy-work.com/person

図南木材株式会社ではインターンシップへ参加いただいた方、
特別に自己分析サポートを行う機会を設けております。

他にもリクルーターと面談、OB訪問などを実施しております。
気になる方はぜひお問い合わせください!